« グレッグ・イーガン: 万物理論 | トップページ | 吉本ばなな: キッチン »

米澤穂信: 春季限定いちごタルト事件

学校で起こるミニ事件を解決する青春ミステリ小説(?)。

こういう類の話は大好きなのだが、しかし、あまりにミニすぎる気もする。もうちょっと話数を少なくして、読みごたえがあってもいいんじゃないかな。
でも、繰り返すがこういう類の小説は好きなので続編も読みたい。

ちなみにこの本は、文庫書き下ろしだって。いいなぁ。連作短編集って、書く方にとってもいいよな。(☆☆☆)

|

« グレッグ・イーガン: 万物理論 | トップページ | 吉本ばなな: キッチン »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。