« 佐野三治: たった一人の生還—「たか号」漂流二十七日間の闘い | トップページ | わかぎゑふ: 大阪人の掟 »

西村淳: 面白南極料理人

南極観測隊に同行した海上保安官の方のお話。役割は料理担当なので当たり前なのだが、「食ってばっかだな」というのが第一印象か。
出発前、凍結しても大丈夫な物を探すために、日本中から冷凍食品を探す記述がなかなか面白い。冷凍ジャガイモなんてあったんだ。

私も南極で観測生活をしてみたいなあ。しかしかなり体育会系のノリなので、付いて行けんかもしれない。
とまれ、文章もひたすら軽いノリで、なかなか面白い本だった。(☆☆☆☆)

|

« 佐野三治: たった一人の生還—「たか号」漂流二十七日間の闘い | トップページ | わかぎゑふ: 大阪人の掟 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。