« フラム号漂流記 (加納一郎著作集2) | トップページ | 若桜木虔, 筆客商売: 稼ぐ作家になるための裏技Q&A174 »

齋藤雅男: 新幹線安全神話はこうしてつくられた

開業当時の東海道新幹線の舞台裏を、具体的に事例をあげて色々と解説してくださる。
著者は鉄道の技術屋として長いキャリアを持つ方のようで、現場への視察と聞き込みを行うその徹底的な現場主義でトラブルを解決してきた様子がよく分かる。

現場で手を動かした経験なんて一度もなく、役員会議室で報告書だけ読んでゴチャゴチャ言ってるだけのような、文系経営者じゃこうはいかなかっただろうな。日本ってそんな会社ばっかりだけど。
こういう人達が新幹線を支えていたことに安心した一冊。(☆☆☆☆)

|

« フラム号漂流記 (加納一郎著作集2) | トップページ | 若桜木虔, 筆客商売: 稼ぐ作家になるための裏技Q&A174 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。