« 齋藤雅男: 新幹線安全神話はこうしてつくられた | トップページ | よしたに: ぼく、オタリーマン。(2) (3) »

若桜木虔, 筆客商売: 稼ぐ作家になるための裏技Q&A174

「稼ぐ」に重点を置いているので反感を招きそうだけど、微妙な裏事情も書かれていて参考になる点もいくつか。
具体的なダメな書き方なども並べられていたけど、エンタメ系小説のみの話だね。
・「」と言った。の禁止
・神視点の禁止、主人公視点で。視点はコロコロ変えず、せめて章レベルの区切りで。
・一行空きの禁止。時間経過や会話の区切りは、一行空きではなく文章で表現を
・「あ!」「え?」など短いセリフは入れない
・主語を抜かない。読者は忙しい、主語を抜くと一瞬理解が遅れる
・〜ということ、ことそれあれ/こともの、など代名詞類は極力抜く。
・「動いてしまった」は強意なのでここぞという時のみ使い、普通は素直に「動いた」で。
・そして/しかし/それからなどの接続詞は水増しに使わずに抜ける場合は抜く

|

« 齋藤雅男: 新幹線安全神話はこうしてつくられた | トップページ | よしたに: ぼく、オタリーマン。(2) (3) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。