« 東海林さだお: スイカの丸かじり (文春文庫) | トップページ | 小島アジコ: となりの801ちゃん »

小説新潮 2008年 11月号 [雑誌]

鉄道特集だったので図書館で借りてきて読んだ。宮脇俊三の再録がいくつかあり興味深い。

列車や路線バスはガラ空きなのに、観光地や大旅館の駐車場には団体観光バスがひしめいている。自分で計画をたてず、宿探しの心配もない旅が主流になった。
というエッセイには激しく同意。みんなバスなんかに乗らず、ローカル線で行けばいいのにさ。(☆☆☆)

|

« 東海林さだお: スイカの丸かじり (文春文庫) | トップページ | 小島アジコ: となりの801ちゃん »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。