« 東海林さだお: ブタの丸かじり | トップページ | 内田百閒: 阿房列車 - 内田百閒集成〈1〉 ちくま文庫 »

遠藤明吾: 機動戦士ガンダムZZ(ダブル・ゼータ)

角川文庫版の小説を今さら読んだ。
ゼータまでで私の知識は止まっていたのだが、ZZはこんなんだったのね。

全般的にライトノベル色が強いのが気になるが、まぁこれはこれでアリか。しかし、ヤザンの扱いだけは納得できんなぁ。台無しだ(☆☆☆)

|

« 東海林さだお: ブタの丸かじり | トップページ | 内田百閒: 阿房列車 - 内田百閒集成〈1〉 ちくま文庫 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。