« ネビル・シュート: 渚にて - 人類最後の日 | トップページ | 荻原浩: 神様からひと言 »

椎名誠: ずんが島漂流記

椎名さんのエッセイによく漂流記物が面白いという話が出てくるが、実際に書いてしまったものがこれ。
漂流記と言っても、島生活がメイン。

島の生活や森の描写などが、簡潔にして的確だなーと感心させられる。さすがだ。
内容もなかなか面白く、すっきり読めた。夏休みに入る前に読むことオススメ。(☆☆☆☆)

|

« ネビル・シュート: 渚にて - 人類最後の日 | トップページ | 荻原浩: 神様からひと言 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。