« 中野明: インターネット業界のカラクリがよくわかる本 | トップページ | 栗田亘: 漢文を学ぶ〈1〉 (小さな学問の書) »

北杜夫: どくとるマンボウ青春記

とっくに既読かと思っていたのだが、実は読んでいなかった。あらまぁ。北杜夫の、旧制松本高校と東北大学医学部での青春の記録。
松本高校時代の思い出話も面白いが、やはりこの本のキモは大学時代のノートだろう。
「俺はあんまりなまけるので、怠けるという文字まで忘れてしまった!」
には爆笑。

ゲラゲラと笑えて、しかもしんみりとするこのエッセイは、やはり傑作だ。若い頃に一度読み、年を取ってからもう一度読むべきだと思う。
人間、やっぱりこういう本を読んで何か思う所がないと駄目だな。(☆☆☆☆☆)

|

« 中野明: インターネット業界のカラクリがよくわかる本 | トップページ | 栗田亘: 漢文を学ぶ〈1〉 (小さな学問の書) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中野明: インターネット業界のカラクリがよくわかる本 | トップページ | 栗田亘: 漢文を学ぶ〈1〉 (小さな学問の書) »