« GAME SIDE 2008年 12月号 | トップページ | 東海林さだお: ショージ君のALWAYS―東海林さだおが昭和を懐かしむ »

とよ田みのる: FLIP-FLAP

ピンボール漫画。表紙カバーはギンギラギンで、すごい派手! 金かかってるなー。

このマンガを読んで思ったが、シューター(ゲームセンターでシューティングゲームをひたすらやり続ける人)とピンボールは非常に似通っていると思う。どっちもスコアラーであり、どっちもストイックにハイスコアを狙う、ただそれだけという点で。
私もアーケーダーのシューター端くれなので、この本には大変に好感が持てた。何故、我々はゲームのスコアを狙うのか、その情熱が余すところ無く描き尽くされており、何が得られるわけでもない中ゲームをやり続けるその行為の面白さ・熱さ・虚しさの表現が素晴らしい。みんなも是非読むべし。

しかし、ピンボールはやっぱりいいなぁ。ゲーセンでシューティングやってる人は、ピンボールもやるべきだと思う。絶対、相性がいいからすぐハマるはず。
村上春樹「1973年のピンボール」もあるように、ピンボールはそれ自体が文学なのである(言い過ぎか?)。(☆☆☆☆☆)


|

« GAME SIDE 2008年 12月号 | トップページ | 東海林さだお: ショージ君のALWAYS―東海林さだおが昭和を懐かしむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GAME SIDE 2008年 12月号 | トップページ | 東海林さだお: ショージ君のALWAYS―東海林さだおが昭和を懐かしむ »