« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

椎名誠: メコン・黄金水道をゆく

ベトナムとタイ辺りが気になったので読んでみた。
気楽な旅行記という感じでサラリと読める。いや、実際に旅した本人は大変だったろうけど。

しかしメコン川は、色んな物のごちゃまぜっぷりが、ガンジス川っぽい。これはやはり、アジアとヨーロッパでの、川に対する接し方の違いかな。(★★★)

メコン・黄金水道をゆく
椎名 誠
集英社
売り上げランキング: 460038

| | コメント (0)

[映画] ペネロピ

早稲田松竹で、フローズン・タイムと二本立てだったので見てきた。

コメディ風味の、現代魔法物語という感じか。呪いで豚の鼻となった女の子の物語。
素直に楽しめたけど、「あー、面白かった」で終わりという感想。2回以上見ようとは思わない(★★★)

ペネロピ
ペネロピ
posted with amazlet at 08.08.31
ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント (2008-09-17)
売り上げランキング: 197

| | コメント (0)

[映画] フローズン・タイム

高田馬場の早稲田松竹で見てきた。ちなみに原題は"cashback"。全然違うやん。

最初の15分ほどは、失恋青年がウジウジウジウジとするシーンが延々と続いて寝そうになったのだが、スーパーマーケットが出てきた辺りから急速に面白くなってくる。
いかにもイギリス映画的な、毒とジョークとちょっぴり病んだ感じがたまらん。かつ、あの時間が止まった中を歩き回る映像美も素晴らしい。

ただ、ラストがあまりに完璧なハッピーエンドというのはちょっとなぁ。もう一ひねり欲しかったトコロ。
でもまぁ、なかなか面白かったよ。見て良かった!(★★★★)

フローズン・タイム
フローズン・タイム
posted with amazlet at 08.08.31
アミューズソフトエンタテインメント (2008-07-25)
売り上げランキング: 488

| | コメント (0)

あずまきよひこ: よつばと! 8

近所の書店ではことごとく売り切れだったので、上野駅で買った。
今回の見どころは、ファミレスで髪を整えるシーンと「よつばがちいさいからまもれなかった!」か。

確かに面白いんだけど、前巻までと比べるとちょっとパワーが足りないかな。心の底から大爆笑はできんかった。(★★★★)

よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
あずま きよひこ
アスキー・メディアワークス

| | コメント (0)

難波毅: 奇岩大陸

オーストラリアの写真集。5mもある蟻塚がスゴい。あと、100mの断崖絶壁が見渡す限り続くブンダクリフも地味にスゴい。
一度、行ってみたいのぅ。(★★★★)

奇岩大陸―AUSTRALIA (クォークスペシャル)
難波 毅
講談社
売り上げランキング: 1284217

| | コメント (0)

桜井寛: オセアニア・アフリカ鉄道夢紀行

各国の豪華列車について語ってくださる。
メルボルン市電のレストラン・カーや、ジグザグ鉄道がなかなか面白かった。私も乗ってみたい。

ただ、南アフリカで超豪華列車に乗って無邪気に喜ぶ……ってのにはちょっと違和感だなぁ。それじゃ、帝国主義時代にイギリスやフランスがやっていたことと、何にも変わらない傲慢だ。(★★★)

| | コメント (0)

伊藤伸平: 旅大陸 オーストラリア

オーストラリアに行きたくなり、図書館で借りてきた。
中身は正しい旅行エッセイという感じで、観光スポットと交通手段・宿などの紹介が詳しい。

内容が幅広いので、いい意味でオーストラリア観光入門になった。(★★★)

旅大陸 オーストラリア
伊藤 伸平
凱風社
売り上げランキング: 688583

| | コメント (0)

東海林さだお: パンの耳の丸かじり

丸かじりシリーズ22。
「マルコヴィッチの穴」か「都こんぶ」の穴か、というカットには大爆笑。やはりこの人は天才だ。(★★★★)

パンの耳の丸かじり (丸かじりシリーズ)
東海林 さだお
朝日新聞社
売り上げランキング: 114427

| | コメント (0)

とっておきのベトナム家庭料理

フランスパンのサンドイッチが美味しそう。
少し昔の本なので、載っているベトナムの風景が一昔前という感じだけど、逆にそれがノスタルジックで良い。

とっておきのベトナム家庭料理
平松 洋子 湯浅 哲夫
マガジンハウス
売り上げランキング: 572129

| | コメント (0)

村上春樹, 松村映三: 雨天炎天

ギリシア正教のアトス編と、猫を訪ねたトルコ編の紀行文と写真。なかなか面白かった。
しっかし、やはりこの人はすごいな。なんでもない旅が、あっという間に高度に文学的なものになってしまう。

ちなみに、これは2分冊の大型本だけど、今は新装版が出ているらしい。
某図書館では、トルコ編とギリシア編でバラして別扱いになっていたので、借りたら2冊ぶんになってしまった(★★★★)

雨天炎天
雨天炎天
posted with amazlet at 08.08.24
村上 春樹 松村 映三
新潮社
売り上げランキング: 298754

| | コメント (0)

東海林さだお: ホットドッグの丸かじり

丸かじりシリーズの第23弾。

ミリン干しが懐かしいなー。私も小さい頃は、よく食べてた。
スイカは「少しずつ不幸になっていく」食べ方だというのは目ウロコ。(★★★)

ホットドッグの丸かじり (丸かじりシリーズ)
東海林 さだお
朝日新聞社
売り上げランキング: 69035

| | コメント (0)

倉田真由美, 山崎元: ダメだ!この会社

期待していたほど面白くなかったかなぁ。
色々と突っ込んだ内容なので若い人には向くかもしれないけど、既にダメリーマンを自覚している私にはちと物足りない本だった。(★★★)

ダメだ!この会社―わが社も他社も丸裸
倉田 真由美 山崎 元
小学館
売り上げランキング: 157207

| | コメント (0)

一億三千万人のための小説教室

今まで読んだ「小説教室」系の本の中では、ちょっと毛色が変わった本だった。
実用書という観点からは物足りないけど、アイディアが思いつく瞬間の紹介などがちょっと面白かったかな。(★★)

一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))
高橋 源一郎
岩波書店
売り上げランキング: 15425

| | コメント (0)

土方 美雄: 北のベトナム、南のチャンパ―ベトナム・遠い過去への旅

ベトナムについて調べてたので読んだ。
ベトナムの様々な遺跡を回り、具体的な行き方やホテルなどの紹介と共にその歴史について語ってくださる。

単純な旅行日記ではなく、かといってガツガツの学術書というわけでもない。ちょうどその辺のバランスが取れていて、なかなか面白い読み物だった。
私もベトナムに行ってみたくなったよ(★★★★)

北のベトナム、南のチャンパ―ベトナム・遠い過去への旅
土方 美雄
新評論
売り上げランキング: 165800

| | コメント (0)

椎名誠: わしらは怪しい雑魚釣り隊

怪しい探検隊シリーズの10年ぶりの新刊。
しかし、どうも文章のわざとらしさばかりが目に付いてしまい、あまり面白くなかった。怪しいシリーズでは一番つまらない。

あと、初版のを読んだのだけど、あまりの誤植の多さにはビックリ!! 今まで読んだ本の中でも一番多いんじゃないかな。
ちょっと読んだだけで大量に赤が入るレベルなんだが、ちゃんと校正してるのかねぇ。(★★★)

わしらは怪しい雑魚釣り隊
椎名 誠
マガジン・マガジン
売り上げランキング: 125545

| | コメント (0)

笑える中国 (2ちゃんねる新書)

友人のKan氏から借りた。2chの中国関連のスレからの抜粋で、まぁやはりあの国はスゴいなと再確認。
「毒に麺とスープが混入した」は、蓋し名言。

しっかし、この内容で840円は高すぎないか? 自分で買うことは無いだろーな。(★★★)

笑える中国 (2ちゃんねる新書)

ぶんか社
売り上げランキング: 89302

| | コメント (0)

小関智弘: 働きながら書く人の文章教室

キーワードとしては、町工場・旋盤・大田区大森・羽田空港・純文学という感じ。
大森の小さい町工場を横目に見ながら散歩することが多いのだけど、あの裏側にはこんな歴史があったのか……と、恥ずかしながら初めて知った。

タイトルと内容が全く違う本だったけど、なかなか面白かったなぁ。(★★★★)

働きながら書く人の文章教室 (岩波新書)
小関 智弘
岩波書店
売り上げランキング: 384992

| | コメント (0)

神田憲行: ベトナム・ストーリーズ

ベトナムについて少し調べてたので読んでみた。
著者がベトナムでの色々な体験を語ってくださるノンフィクション。

笑い話あり、重い話ありで、なかなか面白かった。あとがきの「居場所のなさ」についての文章も興味深い。
この著者の他の本も読みたくなったな。(★★★★)

ベトナム・ストーリーズ
神田 憲行
河出書房新社
売り上げランキング: 281333

| | コメント (0)

宮本正太郎: 星座物語

NHKブックスジュニア45。
中学校の時、図書室の本が廃棄処分になったのでもらってきたのを今さら読んだ。

黄道12星座を通して、ギリシャ神話とその周辺について色々と語って下さる。
東方起源の宗教と北方民族との融合や、キリスト教との関係などが興味深く、なかなか面白かった。(★★★★)

ちなみにAmazonにはデータが無いようなので写真を載せておく

20080809seiza

| | コメント (0)

jfish: クラゲのふしぎ

最近、クラゲに興味を持っているので買ってみた。
クラゲの学術的分類からちょっとした小ネタまで、サラリと読めますな(★★★)

くらげのふしぎ (知りたい★サイエンス)
jfish
技術評論社
売り上げランキング: 28950

| | コメント (0)

片野善一郎: 数学を愛した作家たち

11人の作家を取り上げて、数学との関わりという切り口から色々と語ってくださる。
そんなに小難しい話はなく、サラリと読めてなかなか面白い(★★★)

数学を愛した作家たち (新潮新書)
片野 善一郎
新潮社
売り上げランキング: 354462

| | コメント (0)

[映画] スタンド・バイ・ミー

早稲田松竹でやっていたので見に行ってきた。

小説の方はかなり前に読んだけど、映画版をちゃんと見たのは初めてな気がする。遅い。
期待通りでなかなか面白かったが、やはり素直に楽しめる年でも見ておくべきだったね。あのエンドロールで流れる "Stand by Me" も、本当に名曲じゃのぅ。

わざわざ映画館に見に行って良かったよ。(★★★★)

スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2007-05-30)
売り上げランキング: 653

| | コメント (0)

[映画] 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

早稲田松竹で、スタンド・バイ・ミーと2本立てだったのでついでに見た。
が、あまりのつまらなさに撃沈。

セリフも脚本も挿入歌も、全てがわざとらしすぎて、とても物語の中に入り込めなかった。
見なくて良かったな……。(★)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
ビデオメーカー (1999-08-07)
売り上げランキング: 2166

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »