« 城繁幸: 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 | トップページ | 荻野 真: 孔雀王 »

アーサー・C. クラーク: 2010年宇宙の旅

名作「2001年宇宙の旅」の続編。
前作も素晴らしかったが、こっちはもっと面白い! 特に木星やエウロパについて、科学知識を元に書かれるその内部の描写はまさに圧巻。

後半のHAL9000との会話など見どころも多く、今まで読んだSFの中でも間違いなくTOP5に入る。みんなも是非読め。(★★★★★)

2010年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)
アーサー・C. クラーク
早川書房
売り上げランキング: 79656

|

« 城繁幸: 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 | トップページ | 荻野 真: 孔雀王 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 城繁幸: 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 | トップページ | 荻野 真: 孔雀王 »