« 津田雅美: 天使の棲む部屋 | トップページ | ルーディ・ラッカー: フリーウェア »

鈴木輝一郎: 何がなんでも作家になりたい!

久々に世田谷の尾山台図書館に行ったら、目に付いたので読んでみた。
タイトルとは裏腹に、作家の生活や出版社の裏(?)事情を軽妙に語ってくれるという感じ。変なわざとらしさが無く、単純に読み物としてなかなか面白かった。(★★★★)

何がなんでも作家になりたい!
鈴木 輝一郎
河出書房新社
売り上げランキング: 54267

|

« 津田雅美: 天使の棲む部屋 | トップページ | ルーディ・ラッカー: フリーウェア »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。