« 脇田滋: 労働法を考える―この国で人間を取り戻すために | トップページ | 東海林さだお: 誰だってズルしたい! »

ケストナー: 飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫)

恥ずかしながら今まで読んだことが無かったので、図書館で借りてきた。ドイツの寄宿舎で暮らす少年達の物語。禁煙さんと正義さんのような大人になりたいものじゃのぅ。

古典名作ということで読みにくいかと思っていたのだけど、あっという間に読了。久々にいい小説を読んだなぁ。
子供も大人も、疲れたリーマンも、人生に迷いを感じる30,40代も、みんな読むべきだと思う一品。(★★★★★)


|

« 脇田滋: 労働法を考える―この国で人間を取り戻すために | トップページ | 東海林さだお: 誰だってズルしたい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脇田滋: 労働法を考える―この国で人間を取り戻すために | トップページ | 東海林さだお: 誰だってズルしたい! »