« トーベ・ヤンソン: ムーミン谷の冬 | トップページ | 東海林さだお: ショージ君の旅行鞄 »

アガサ・クリスティ: ゴルフ場殺人事件

ポワロシリーズ第二作。
ちょっと粗削りな部分が所々に見られるものの、ジロー刑事とのやり取りや、相変わらず間抜けなヘイスティングズなどなかなか面白かった。でも、タイトルのゴルフ場ってほとんど関係無かったな。ゴルフ好きの人が期待して読むと、拍子抜けするかも。
途中、ベラの手紙は「宛名が書いていないということは……」とすぐに気が付いたのだが、全体的な推理はまったく出来なかった。男女の愛憎が絡むとムズいな。

ちなみにクリスティはずっとハヤカワミステリ文庫の旧版で読んでいたので、この新版(クリスティー文庫)は初めて読んだよ。
確かに文字も大きくなって読みやすいけど、私は旧版の古めかしい装丁の方が好きだなー。あと、このクリスティー文庫は、普通の文庫より一回り大きいので収納に不便。むー。(★★★★)

ゴルフ場殺人事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
アガサ クリスティー Agatha Christie 田村 隆一
早川書房 (2004/01)
売り上げランキング: 169249

|

« トーベ・ヤンソン: ムーミン谷の冬 | トップページ | 東海林さだお: ショージ君の旅行鞄 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。