« J.D.サリンジャー: キャッチャー・イン・ザ・ライ | トップページ | 谷川流: 涼宮ハルヒの消失 »

メイ・サートン: 猫の紳士の物語

猫好きのための猫小説、と言って良いであろう小説。「もう一度彼は網戸を引っかき、ごく丁重にみゃおといいました。」など日本語訳もなかなか良く、読みやすい。
結構面白い本でしたな

関係ないけど、グウィンの「空飛び猫」に出てきたトム・ジョーンズは、この作品となんか関係あるのかな?(★★★★)


メイ・サートン: 猫の紳士の物語
メイ・サートン: 猫の紳士の物語
みすず書房

|

« J.D.サリンジャー: キャッチャー・イン・ザ・ライ | トップページ | 谷川流: 涼宮ハルヒの消失 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。