« V.E.フランクル: 夜と霧 | トップページ | 椎名誠: いっぽん海ヘビトンボ漂読記 »

竹山道雄: ビルマの竪琴

今さら読んだ。うーむ、確かにこれは名作だ。
筆者は実際にはビルマに行ったことはなく、また従軍経験も無いのだが(教官だったため)、想像だけでこれだけのものを書き上げたらしい。すごいのぅ。(★★★★)

ビルマの竪琴 (新潮文庫)
竹山 道雄
新潮社 (1949/04)
売り上げランキング: 55874

|

« V.E.フランクル: 夜と霧 | トップページ | 椎名誠: いっぽん海ヘビトンボ漂読記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V.E.フランクル: 夜と霧 | トップページ | 椎名誠: いっぽん海ヘビトンボ漂読記 »