« 橘玲: 得する生活 | トップページ | 沢和哉: 日本の鉄道こぼれ話 »

ハナ・ホームズ: 小さな塵の大きな不思議

サイエンスライターの著者が、宇宙に於ける塵の役割からハウスダストまで、塵について長々と語ってくださる。
章ごとに当たりはずれが大きく、宇宙や地質学的な所は面白かったものの、ハウスダストの辺りはただ危険性を煽るだけという感じで食傷気味。

しかも、写真や図版が全くと言っていいほど無いので説得力に欠ける。「年々上がっている」とか抽象的な表現が多く、「素直にデータやグラフを載せればいいのに……」と何度も不満に思った。
色んな塵についても、写真があれば印象が全然変わるだろうに。

ということで、結構期待して読んだけどイマイチでした。あんまりオススメできない、つまんないから。(★★)

|

« 橘玲: 得する生活 | トップページ | 沢和哉: 日本の鉄道こぼれ話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。