« 椎名誠, 他: 超能力株式会社の未来 - 新発作的座談会 | トップページ | フィツジェラルド: グレート・ギャツビー »

有栖川有栖: 幻想運河

あんまりこの辺のミステリは読んだことなかったので、初めて読んだ有栖川有栖。
しかし、しょっぱなからどーもわざとらしい描写が気になってしまい、読むのが激しく苦痛。肝心のミステリ部分も随分と中途半端で、「おや?」と思っている間に終わってしまった。

うーん、全然面白くなかったっす。期待外れ。(★)

|

« 椎名誠, 他: 超能力株式会社の未来 - 新発作的座談会 | トップページ | フィツジェラルド: グレート・ギャツビー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。