« 遠藤哲夫: ぶっかけめしの悦楽 | トップページ | 筒井康隆: 如菩薩団 »

京極夏彦: 狂骨の夢

京極堂シリーズの第3弾。しかし前作の「魍魎の匣」ほどの面白さは無かったなぁ。
正直、ちょっと期待外れだった。

やたらと「前回の事件」という記述が出てくるのも、やたら鼻についた。単に宣伝っぽく聞こえるのがどうも。(★★★)

|

« 遠藤哲夫: ぶっかけめしの悦楽 | トップページ | 筒井康隆: 如菩薩団 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京極夏彦: 狂骨の夢:

« 遠藤哲夫: ぶっかけめしの悦楽 | トップページ | 筒井康隆: 如菩薩団 »