« 伊原亮司: トヨタの労働現場 | トップページ | ロバート・フルガム: 人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ »

崎山克彦: 何もなくて豊かな島

フィリピンの小島「カオハガン島」を買った著者が、そこでの暮らしを通して様々な考えを語ってくださる本。
カオハガン島公式ページもあり、島の写真も見れるよ:
カオハガン島公式ホームページ

決して、単純に「南の島マンセー」という話ではなく、泥臭い部分もちゃんと語られていて色々と考えさせられる本であった。オススメ。
ただ、著者はそもそも出版社で激しく成功された方でもあり、やっぱりこういう生活をするにはまずそうならないとダメなのかなぁ……と、ちょっとガッカリしてしまったことも事実やね(★★★★)

何もなくて豊かな島―南海の小島カオハガンに暮らす (新潮文庫)
崎山 克彦
新潮社 (1998/10)
売り上げランキング: 56104

|

« 伊原亮司: トヨタの労働現場 | トップページ | ロバート・フルガム: 人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 崎山克彦: 何もなくて豊かな島:

« 伊原亮司: トヨタの労働現場 | トップページ | ロバート・フルガム: 人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ »