« マシュー・ゲール: ダダとシュルレアリスム | トップページ | 遠藤哲夫: ぶっかけめしの悦楽 »

城繁幸: 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来

光文社新書。
有名な、「内側から見た富士通「成果主義」の崩壊」の著者だ

タイトルからして、「また団塊オヤジが喜びそうな若者叩き論か」と思っていたのだが、全く逆だった。はっきりと、今の若者が国の制度的にも企業制度的にも、老人に搾取されている事実がはっきり書かれており、なかなか興味深い。
内容的にも2006年9月初版なので、決して古くさく感じず面白かった。高校生くらいにも読ませるべきやね

ちなみに、「体育会系が好まれる理由」の節で、

彼らの(企業から見た)最大のセールスポイントは、ひと言でいえば「主体性のなさ」だ。
には激しく拍手喝采ww(★★★★)

|

« マシュー・ゲール: ダダとシュルレアリスム | トップページ | 遠藤哲夫: ぶっかけめしの悦楽 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城繁幸: 若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来:

« マシュー・ゲール: ダダとシュルレアリスム | トップページ | 遠藤哲夫: ぶっかけめしの悦楽 »