« 水木しげる: ほんまにオレはアホやろか | トップページ | 青木雄二: だまされたらあかん 保険の裏カラクリ »

ウィリアム・ギブスン: ニューロマンサー

今さら私が解説するまでもない、超有名SF小説。サイバーパンクの原点。

以前にさらりと読んだことはあったのだが、きちんと最後まで読み通していなかったため、蔵書整理をしていた折にようやく読了。
しかし後半に進むにつれてどんどんと難解になっていき、理解できたかと言えばNoと言わざるを得ない。解説本も必要だなぁ

ちなみに「MATRIX」も「攻殻機動隊」も、その根底にあるのはこの本であると言って問題ない。
まぁそんなわけで、未読ならば恥ずかしい本としてさっさと読んでしまいましょう(★★★★)

20060809neuro
ウィリアム・ギブスン: ニューロマンサー
ハヤカワ文庫SF

|

« 水木しげる: ほんまにオレはアホやろか | トップページ | 青木雄二: だまされたらあかん 保険の裏カラクリ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアム・ギブスン: ニューロマンサー:

« 水木しげる: ほんまにオレはアホやろか | トップページ | 青木雄二: だまされたらあかん 保険の裏カラクリ »