« 安部公房: 燃えつきた地図 | トップページ | 水木しげる: 水木しげるのニッポン幸福哀歌 »

時雨沢恵一: キノの旅

色んなところで「良い良い」と言われ続けていたので、ヒネクレ者の私は「じゃぁ、読むのをやめよう」と思っていた(ぷ。
しかし、BOOK OFFで100円だったので捕獲してみた

内容は、一昔前のSF短編集なんかを彷彿とさせられる。主人公が毎回様々な国を訪れ、そこでの出来事を語られるというもの。
特に第五話の「大人の国」は、ジョン・クリストファーの「三本足シリーズ」にそっくりだなぁ(こういう言い方はアレだけど)。

まぁ想像していたよりは面白かったけど、SF野郎の漏れにはちょっとイマイチでした(★★★)

キノの旅―The beautiful world
時雨沢 恵一 黒星 紅白
メディアワークス (2000/07)
売り上げランキング: 5240

|

« 安部公房: 燃えつきた地図 | トップページ | 水木しげる: 水木しげるのニッポン幸福哀歌 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時雨沢恵一: キノの旅:

« 安部公房: 燃えつきた地図 | トップページ | 水木しげる: 水木しげるのニッポン幸福哀歌 »