« 椎名誠: 焚火オペラの夜だった | トップページ | 安部公房: 内なる辺境 »

佐藤さとる: そこなし森の話 - 佐藤さとるファンタジー童話集I

佐藤さとるの短編集。
昔読んだときほど楽しめなかったのは、やはりひねくれた大人となってしまったからだろうか……。

ちなみに27歳となった今、「だれも知らない小さな国」を再読してもたぶん楽しめないと思う。それが怖くて再読できないやね(★★★)


20060825soko
佐藤さとる: そこなし森の話 - 佐藤さとるファンタジー童話集I
講談社文庫

|

« 椎名誠: 焚火オペラの夜だった | トップページ | 安部公房: 内なる辺境 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤さとる: そこなし森の話 - 佐藤さとるファンタジー童話集I:

« 椎名誠: 焚火オペラの夜だった | トップページ | 安部公房: 内なる辺境 »