« 安部公房: 内なる辺境 | トップページ | 古在由秀: ほうき星の話 »

ピアズ・アンソニイ: 魔法の国ザンス(1) カメレオンの呪文

結構分厚く、文字数のポイントも小さくてみっしりしているので買ってからしばらくは読むのに躊躇していた
しかしいざ読み始めると、あっという間に読了。これだけみっしりしているのに全く骨が折れなかったよ

物語としては魔法物として結構ベタベタな設定なのだが(魔法の国で、唯一魔法を使えない主人公が苦難の旅を……)、それがこの作者にかかるとかくも素晴らしい小説となるのかと感心することしきり。
ところどころの描写が簡単すぎるのが気になるが(重大事件を数行で終わらせたり)、しかし全体として間違いなく良本だろう。続編もあるらしいので読まねば(★★★★)


20060826cameleon
ピアズ・アンソニイ: 魔法の国ザンス(1) カメレオンの呪文
ハヤカワ文庫FT

|

« 安部公房: 内なる辺境 | トップページ | 古在由秀: ほうき星の話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアズ・アンソニイ: 魔法の国ザンス(1) カメレオンの呪文:

« 安部公房: 内なる辺境 | トップページ | 古在由秀: ほうき星の話 »