« ダニエル キイス: 心の鏡―ダニエル・キイス傑作集 | トップページ | フィリップ・K. ディック: ディック傑作集〈1〉パーキー・パットの日々 »

川又 千秋: 火星甲殻団


20060517kasei
川又 千秋: 火星甲殻団

火星に取り残された植民団の末裔の、機械との共生生活を描くSF小説。っつーか、最近はSF読んでばっかりだな
設定の緻密さと、それを上手く物語へと昇華するお手並みはさすが川又千秋という感じだが、ラストシーンがあまりに使い古されて手垢まみれな手法でちょっと不満。続編の「火星甲殻団 ワイルドマシン」があるらしいので、そっちに期待かな。まぁ、今から探すんだけど。

ちなみに表紙と口絵には、実際に作られた模型(ジオラマというべき?)の写真がこのようにあしらわれていて、マニア心をちょっとくすぐる。(★★★)

|

« ダニエル キイス: 心の鏡―ダニエル・キイス傑作集 | トップページ | フィリップ・K. ディック: ディック傑作集〈1〉パーキー・パットの日々 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川又 千秋: 火星甲殻団:

« ダニエル キイス: 心の鏡―ダニエル・キイス傑作集 | トップページ | フィリップ・K. ディック: ディック傑作集〈1〉パーキー・パットの日々 »