« 篠原 千絵: 闇のパープル・アイ | トップページ | 篠原 千絵: 海の闇、月の影 »

手塚 治虫: ロストワールド


手塚 治虫: ロストワールド

BOOK OFFで100円で売ってたので買ってきた。手塚治虫の初期作品で、少年・敷島健一の宇宙冒険SF。
この角川文庫版には、短編「一千年后の世界」も収録されている。

「ロストワールド」は、随分ストーリーが荒削りだなぁと思いながら読んだのだが……。
なんと最初の構想は、手塚治虫が中学生の時に組み立てられたらしい。うへー。さすがマンガの神様だ!!

ただ、いくらなんでも、もみじさんのアレはヒドすぎ!!
物悲しいラストシーンはアリだと思うが、あのランプともみじさんのシーンは最後まで後味悪かったねぇ。(★★★★)

|

« 篠原 千絵: 闇のパープル・アイ | トップページ | 篠原 千絵: 海の闇、月の影 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手塚 治虫: ロストワールド:

« 篠原 千絵: 闇のパープル・アイ | トップページ | 篠原 千絵: 海の闇、月の影 »