« 清水一行: 大物 | トップページ | 株に強くなる会社の見分け方 »

吉本 佳生: 金融広告を読め


吉本 佳生: 金融広告を読め
吉本 佳生: 金融広告を読め

業界では非常に有名なこの本。一応読んどいた方がいいだろうと思って買ってみた

内容としては、主に銀行が販売している各種金融商品の阿漕さを、広告例として一つ一つあげながら丁寧に解説してくれている。
まぁ漏れは元々邦銀が嫌いなので、銀行でそんな物を買おうとは毛ほども考えていなかったのだけど、漠然と「インチキ臭いな」と思っていたものの仕組みがハッキリと分かり、なかなか役に立つ本であった

一部気になる点と言えば、外貨MMFの非課税の利点には全くと言っていいほどに触れていなかったり、やたらと国債をマンセーするところ辺りかな。
「信託報酬高杉wwww」とか、「毎月分配型に投資するなんてアホ」とはっきり言っている点は激しく評価できる

ちなみにこの本では具体的な金融機関名はあげていないのだが、悪例としてあげられている広告の多くは、どう見ても新生銀行です。本当にありがとうございました。(★★★★)

|

« 清水一行: 大物 | トップページ | 株に強くなる会社の見分け方 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉本 佳生: 金融広告を読め:

« 清水一行: 大物 | トップページ | 株に強くなる会社の見分け方 »