« 二ノ宮 知子: のだめカンタービレ | トップページ | 二ノ宮 知子: のだめカンタービレ(3)-(7) »

村上 龍: フィジーの小人

※ネタバレを含みます


村上 龍: フィジーの小人
村上 龍: フィジーの小人

初期の村上龍といえばアレでナニなわけだが、この本もかなりアレでナニ度が高い。
電車の中で安心して読める本ではないやね

終盤のホラ吹き部分は、なんというか筒井康隆チックだ。書いてて楽しかっただろうなぁ。

ちなみに同期のH嬢から指摘されたのだが、ラストシーンで言っているのは比喩的な意味での牢獄じゃなくて、本当に牢獄ということもあるんだな、そういえば。[祖父の手記]が非常に面白かったので、オマケして星4つ。(★★★★)

|

« 二ノ宮 知子: のだめカンタービレ | トップページ | 二ノ宮 知子: のだめカンタービレ(3)-(7) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上 龍: フィジーの小人:

« 二ノ宮 知子: のだめカンタービレ | トップページ | 二ノ宮 知子: のだめカンタービレ(3)-(7) »