« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

村上 龍: フィジーの小人

※ネタバレを含みます


村上 龍: フィジーの小人
村上 龍: フィジーの小人

初期の村上龍といえばアレでナニなわけだが、この本もかなりアレでナニ度が高い。
電車の中で安心して読める本ではないやね

終盤のホラ吹き部分は、なんというか筒井康隆チックだ。書いてて楽しかっただろうなぁ。

ちなみに同期のH嬢から指摘されたのだが、ラストシーンで言っているのは比喩的な意味での牢獄じゃなくて、本当に牢獄ということもあるんだな、そういえば。[祖父の手記]が非常に面白かったので、オマケして星4つ。(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二ノ宮 知子: のだめカンタービレ


二ノ宮 知子: のだめカンタービレ(1)
二ノ宮 知子: のだめカンタービレ(1)


二ノ宮 知子: のだめカンタービレ(2)
二ノ宮 知子: のだめカンタービレ(2)


面白いらしいという前評判をさんざん聞いていたので、会社でO氏から借りてみた

しかし、あんなに各地で喧伝されるほどかなぁ……漏れとしては「つまらなくはない」という程度だった、というのが正直な感想。ギャグというには中途半端だし、音大と海外留学というテーマだと一条ゆかりの「プライド」に太刀打ちできるような内容ではないしさ
登場人物も、変人っぷりを頑張って出そうとはしているのだろうけど、この手のマンガとしてはあまりに「普通の人」っぽくてアクの強さが足りない気がする。まぁ、3巻以降に期待かな。

ちなみに1巻を読みながら、「いや、まずは音符の一つ一つまで楽譜通りにやらんとダメだよ」と思ってしまった漏れは古代人なのだろうか
昔、バイオリンを習いに行ってて「バロック音楽なんだからポルタメントは絶対にかかっちゃダメ、一音一音出しなさい」と怒られた時のことをちょっぴり思い出してしまった(★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森 博嗣: 朽ちる散る落ちる

※この記事にはネタバレがあります

森 博嗣: 朽ちる散る落ちる
森 博嗣: 朽ちる散る落ちる




友人のH嬢があまりに森博嗣を絶賛するものだから、とりあえず1冊買ってきてみた
んで、漏れの感想は、失礼かもしれんが「森博嗣=劣化版京極夏彦」。

まず、トリックがあまりに簡単すぎる。読んでいてこんなに早くネタが分かったのはこの本が初めてだ。宇宙船の方のトリックを考える小説なのかと思っていたら、そちらはあっさり報告書のウソってことでカタがついてしまったし。
また、登場人物の名前が変。まぁわざとなんだろうけど、あの当て字スレスレの漢字を上手く使いこなせていないため、むしろそのわざとらしい部分ばかりが鼻についてしまうのだ

それに、ミステリを名乗るからには入念な筋立てを用意して欲しいのだが……ツッコミどころが多くて、隙を見せすぎ。まずはDEATH NOTEを読んで、隙のない入念なストーリーとはどういうことをいうのか勉強しなさい、と思わず言いたくなる

まぁそんな感じで、ほとんど楽しめなかったというのが正直なところだった(★★)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

山野 車輪: マンガ嫌韓流

私はどんなにつまらなくても買った本は最後まで読むことにしているのだが、久々に最後まで読まずに捨てた本が登場してしまった

グダグダ言うのもアレなのだが、とにかく読んでいてつまらんのだよ。ストーリーも、絵も、ネームも、何もかもが稚拙。
政治思想的なマンガと言えば小林よしのりの「ゴーマニズム宣言」が脳裏に浮かぶわけだが、ゴー宣に比べるとあらゆる面が幼稚すぎて、読んでいるこっちが恥ずかしい。なんなんだ、あの薄気味悪い社会科教科書的なセリフの連発は?

頼むから、せめて読んでいて楽しめるストーリーにして欲しかった……2005年のワースト本。(★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

H・F・セイント: 透明人間の告白

「本の雑誌」ではオールタイムベストと絶賛されており、椎名誠氏もベタ褒めだったため前から気になっていた本。しかし案の定、普通の本屋では見つからずにBOOK OFFで購入した。

ストーリーは、非常に単純。ある日透明人間になってしまった主人公が、追っ手から逃れながら生活していく様を描く、古典的な筋立てである
しかし、この透明人間の思うこと・体験することの描写が非常に生々しく、リアルな日常をまざまざと見せつけられてしまう。本当に透明人間になってしまったらどんなことが起こるか、どんなことに困るか、どんなことが便利か、それらを一つ一つ丹念に研究したのだろうということが隅々から感じられる

ただ、そうして非常に面白い小説なことは確かなのだけど、「あー、面白かった」で終わるのも確かかな。衝撃を受ける面白さ系よりは、エンターテインメント系の面白さって感じか。まぁどちらにしろ、読んで損は無いので見つけたら買いましょう(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超クソゲー

先に感想を言うと、つまんなかったの一言になる

クソゲークソゲーと安易にその言葉が使われすぎる感がある今日この頃だが、本当に面白いゲームレビューってのはなかなか読むことが出来ない。
スペランカーの段差ネタを見るだけでもはや食傷気味なのだ

この本は題名の通りそのクソゲーを扱うわけだが、ゲームを愛している人だからこそこういう本は面白い物となる。しかしこの本は、ただただゲームを取り上げてはけなすだけで、ワンパターンこの上ない
もちろん、愛のあるけなし方ならそれは大歓迎なのだが……どうも面白おかしくけなそうとして失敗して、そのわざとらしすぎる毒の部分ばかりが鼻につくのが気になるのだ
そのため読後感も悪く、イヤミな部分ばかりが強調されてしまう。実はこの本も、今年2番目の途中で読まずに捨てようかと思った本だった

ゲーム批評って本当に難しいねぇ(★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水木 しげる: 水木しげるのラバウル戦記

水木しげるは左翼団体のプロパガンダによく使われている(偏見か?)ので、実はこの本に手を出すのはちょっと躊躇した。まぁ文庫だし安かったので深く考えずに買ってみたわけだが

この本は軍隊での生活を淡々と、しかし生々しくスケッチしたものであり、いささか不謹慎な言い方かもしれんが非常に面白い! 貴重な歴史資料を読んでいると言っても良いだろう
特に、陸軍である筆者が、海軍の兵士と一緒に見張りに立つときに、お互いに別組織なためよそよそしい態度で会話をする……というくだりが非常にリアル。

どうしてもこういう本はくだらない思想論に展開しがちなのだけど、この本はそんなこともなく、当時の兵士としての体験を知る上でかなり役に立つ一品ではないかと。オススメ。(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »