« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

押井守, 大野安之:西武新宿戦線異状なし 完全版

私がおおのやすゆきファンとなったのは、かの「精霊伝説ヒューディー外伝・ローティスなぁじゃ」から。氏はNIFTY-Serveで色々公開されていたり月刊ASCIIの扉絵をCGで描かれていたりと、なかなかデジタルな作家さんでしたな。
まぁそんなウンチクは追いといて、このマンガは原作:押井守ということでその辺の影響もバリバリ感じられる。冒頭では立ち食いソバが出てくるし(w

お話としては、戦場でのジャンク屋まがいの活動部隊が、特別任務を……と結構ベタなストーリー展開なものの、やはりそこは押井+大野の魔力で各所に見せ場が多く面白い。ちなみに本の装丁も凝ってて楽しいよ(☆☆☆☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レイモンド カーヴァー (著), 村上 春樹 (翻訳):夜になると鮭は…

村上春樹が訳ということで期待したものの……うーん微妙。フィッツジェラルドもそうだけど、村上春樹が絶賛するものは私には合わないようだ(★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松本 零士:パニック・ワールド

ソノラマ漫画文庫の1冊。
・パニック・ワールド
・夜光都市のミライ
・黒死鳥4444
・黄色い兔
の4作品が収められている。

表題作の「パニック・ワールド」以外は、ちと荒削りであまり楽しめない。
1960-70年代のあの時代に馴染めない今の若い人(私も含む)には、いまいちピンと来ないやね(★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆笑オンエアバトル Light ダンディ坂野


爆笑オンエアバトル Light ダンディ坂野
爆笑オンエアバトル Light ダンディ坂野

爆笑オンエアバトルから、「ゲッツ!」で有名なダンディ坂野の総集編。
35分と短く、内容も爆笑とまでは言えない……まぁダンディ好きなら買ってよいのではないかと(★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東海林さだおの満腹大食堂 「丸かじり」グルメガイド

基本的に自炊派の私はグルメガイド系の本は買わないことにしているのだが、これは本屋で見かけてなんとなく気になっていた
B5の大判の本だし、カラー写真が満載だ。それにデカい本はあんまりブックオフに流れないかもな、とか思ってたら買ってしまった

内容は、グルメガイドというより東海林さだおのエッセイ集という感じ。行ってみたい店は何軒かあったものの、自分の性格を考えるとたぶん行かないだろうなぁ。どじょう料理とかは自分で作れないけど、一人で居酒屋行くくらいなら家で飲んだ方が安いしさ
ただまぁ、この本のターゲットは明らかに40-50代男性、いわゆる「おっさん」なことは間違いない。漏れもこういう本を買うようになってしまったか……。(★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みずしな 孝之:幕張サボテンキャンパス (1)

大学在学中の私は大学の計算機センターで相談スタッフをやっていたのだが、その控え室にあったマンガ。
確かそこには6,7巻の2冊だけあったのでパラパラと読んだのだが、怠惰学生真っ盛りであった当時の私にとっては、明日香のグータラな生活があまりにも「当たり前」すぎて何も感想が持てなかった記憶がある

先日、1巻がブックオフで100円で売っていたので買ってきたのだが、やはり就職した現在こーゆーマンガを読んでいると何かあの頃の生活がとても輝かしく思えてきて、思わず感傷的になってしまうのであった(★★★★)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »